So-net無料ブログ作成

サナダムシの症状は?人間に寄生するとどうなる? [健康]

激しい頭痛の原因が

脳に寄生したサナダムシだった!

というニュースを発見。


サナダムシと言えば、腸に寄生する寄生虫だとばかり
思っていたので、驚きました。


今回の件では、

「サナダムシが瓶のコルク栓(せん)」のように嚢胞(のうほう)を作り、
それによって、脳室に流れる脳脊髄(せきずい)液がせき止められていた。

とのこと。


サナダムシが人間の脳に寄生してしまった場合の症状は、

発作や記憶障害、頭痛

なんだそうですが、この症状でサナダムシが脳に寄生してるかも?
なんてなかなか考えれませんよね…




◆ サナダムシはどうやって人間に寄生する?

昔の日本人は、大半が腸にサナダムシを飼っていた!

なんて話を聞いたことがありますが、

今はそんな時代ではない訳で…


じゃあ、どうやってサナダムシが人間に寄生するんだ?

というと、

サナダムシが寄生した甲殻類や生のカエル、爬虫類の肉を
食べることによって寄生してしまうとのこと。

お刺身を食べることによって寄生した!って話も聞きますね。



◆ サナダムシが人間に寄生した場合の症状は?

サナダムシにも色々な種類があって、

昔の日本人が腸で飼っていたサナダムシは無害だったようですね。

だから症状はなかった。


でも、今は違います。

サナダムシが寄生した人間の腸から栄養素を奪うことから
ダイエットに効果がある!

サナダムシダイエットだ!

などと言われ、確かにそれで成功した人もいるようですが…


サナダムシが人間に寄生した場合の症状は、

貧血
下痢
嘔吐
脱水症

がまず挙げられ、

摂食障害によって体重が減ります。

サナダムシは猛烈な勢いで成長し、
最大で10m~15mになるとも言われていますので

サナダムシが腸の大きさめいっぱいにまで成長したら…
恐ろしいですよね。


しかも腸内にだけ留まってくれれば良いですが、
冒頭で紹介したように、他の臓器にまで移動する
場合もあるわけです。

臓器や組織の損傷だけでなく
脳や中枢神経系の機能障害を引き起こしたり、

最悪の場合、死を招くこともあるとのことですので

安易にサナダムシダイエットを試すのは辞めた方が良いですね。



◆ サナダムシが人間に寄生した場合の症状まとめ

サナダムシが人間の腸内に寄生している場合の症状は、

貧血
下痢
嘔吐
脱水症
摂食障害


サナダムシが人間の脳に寄生してしまった場合の症状は、

発作
記憶障害
頭痛


どちらも恐ろしい!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
税務調査

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。